長野県公式HPに長野県産米の放射性物質調査結果が発表されています。

調査対象は、放射性ヨウ素(I-131)と放射性セシウム(Cs-134及びCs-137)です。

です。

定量下限値は、「緊急時における食品の放射線測定マニュアル」(厚生労働省)に基づき、20Bq/kgです。これより低い場合は「不検出」とされます。

ひょっとしたら上記の3要素がそれぞれ19Bq/kgあったとしたら不検出とはいえ57Bq/kgあることになりますので。他の調査結果などを踏まえ慎重に考える必要はあるでしょう。

 各市町村ごとの調査で暫定規制値(500Bq/kg)以下が確認された市町村では、米の出荷が可能となります。

長野県産米の放射性物質調査結果