第1弾の蕪が今週あたりいちばんいい時期を迎えます。

虫害もなくなめらかで甘い上質な味です。

もちろん冬ほどではないですがとりあえず生でかじっていただいて、

あとはバター炒め、焼き蕪、持ちとん葉っぱごとご利用下さい。

春先の霜などで最初の頃の下葉は枯れてますが、残りの葉は青々。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る