レタスもタンポポもキク科です。

通常レタスの花は見ないし、見たとしてもタンポポからはほど遠いのですが

なんとなく仲間と思えるのがレタスの収穫時に切り口から出てくる白い乳液です。


まったくもって子供のころにタンポポの茎を折ると出てくる白い乳液と同じ感じで、

それがもっとどばどば出ます。



タンポポの乳液はなんとなく手の甲に擦りつけたりして遊んでそのままですが、

レタスの場合そのままにいておくと切り口がいつまでも乾かずに、腐りの原因になったりします。


そういうわけで、朝早くレタス農家の畑に行くとずらりと並んだレタスのお尻に、

農家が何やら農薬散布機で何やら液体をかけていますが、

それは農薬などではなくただの水です。


収穫したレタスの切り口に水をかけて切り口の乳液を洗い流しているのです。


NEC_1558


有機農場のあさひや農場でも同様にしています。

収穫したレタスに早朝からこそこそと農薬を撒いているわけではないのであしからず。


 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る