週末に雨が降るということなので、大急ぎでジャガイモの畑の準備をしました。

肥料散布機で以前作った米ぬか乳酸菌肥料で魚のエキスから出来たアミノ酸肥料を混ぜてコーティングしながら散布します。
ジャガイモ施肥


 

乳酸菌米ぬかとアミノ酸肥料、各種ミネラルを混ぜてます。

乳酸米ぬか白っぽいのが乳酸菌米ぬか。ラブレ菌が添加してあり口に含むと酸味が出て少しなら美味しいです。
茶色が魚液から出来たアミノ酸肥料、白い粒は硫酸カルシュウム。
ジャガイモは酸性を好むので酸性資材のカルシュウムをなるべく使います。
カルシュウムはジャガイモを甘くし、貯蔵性を高めます。

こういったものを畑に散布して、耕運、

ジャガイモを植え付ける溝を切りまして週末の雨を待ちます。
乾燥しているので雨が降ってからジャガイモの植え付けとなります。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る