出荷が立て込んで小麦の播種が例年から20日も遅れてしまいました。
今年は地元の農家さんのご厚意でトラクターによる機械蒔きです。
5列いっぺんに蒔けるし何よりトラクターに乗ってなので楽です。
昨年までの手押しの播種機ですと1列づつ播種機を押して登ったり降りたり。
1列70mですのでトラクター3列分が1km播種機を押して登り降りに相当します。

今年の小麦の収量は約300坪で500kgでしたので全国平均約380kg(北海道439kg)を遥かに超えての大豊作でした。
うどんのために小麦を挽いてくれている黒澤製麺所さんでもあさひや農場の小麦は粒が一回り大きいと評判です。
(そのおかげであさひや農場の黒うどんは小麦の白い粉の部分が多いので普通の黒うどんより「白い」!)
小麦は播種適期を過ぎると冬までの生育が間に合わず一株あたりの収穫量が落ちますので
今年は多めに種を蒔きました。
今年も小麦の品種はうどん専用小麦の「ゆめせいき」
あさひや農場の来年の黒うどんになって皆様のもとにお届予定です。(今年のは販売中!)

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る