いよいよ育苗も始まるので苗箱を準備しました。
写真の白いのは全部新品の育苗箱です。
発泡スチロールでできてて箱には苗を育てる細かい穴が整列しています。

発泡プラグポット144穴60枚と同ポット220穴120枚



発泡プラグポット144穴700円 60枚
発泡プラグポット220穴700円 120枚
合計12万6千円
これに昨年買ったもの合わせて今年は約300枚のプラグポットを使いまわしていきます。
今まではこの発泡プラグポットの7分の1の値段で買えるプラスチックのプラグトレイを使ってたのですが、
地元の先輩白菜農家さんのアドバイスをもとに、
出来上がる苗の質や作業性などを考慮して発泡プラグポットに決めました。
プラグトレイを使ってる農家さんも地元にはいますし、7倍の価格差を考えると「うーん」と考えています。
それでもなるべくモデルとしている農家さんをまずは忠実にトレースするべきだろうと、
今回は育苗箱に新たに10万円以上の投資をすることにしました。
仮に白菜が1箱に10円分苗箱代乗っけると考えて1万5千ケースくらい出荷すれば元が取れるでしょうか?

もちろん、他のトラクターやトラックの投資に比べると安いものですが、
こういうのの積み重ね、
種代とか苗土代とかとか支払サイトの比較的短いものはボディーブローの様に効いてくるので、
気をつけねばなりません。
作業が不可逆的な農業ではその後の作業にも影響を与える苗作りは最優先される課題です。

逆に、トラクターやら各種資材での初期投資の大きい今年は広く浅く全方位に投資するのではなく、
なるべく確実で回収率の良いものに集中して投資する必要があります。

先日も書きましたが予定していた品目からサニーレタスとほうれん草を削ったのもこういった理由からです。
今年は作業が重ならず、資材が共有できるリーフレタス>玉レタス>白菜に集中して取り組みます。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る