長野県川上村といえばレタスなど高原産地として有名。

国道141号線から1歩川上村に入れば農家でなくても空気に殺気が交じるのを感じるであろう。

私が信州に来て聴く数々の川上村逸話を聴く限りでは千曲川最上部のあの村は治外法権であるに違いないと確証を抱いている。

そんな強面レタス農家御用達の川上村のスーパー「ナナーズ」の小海店の入り口に山積みにされていた長靴が素晴らしい。

川上村のスーパーの入り口に売ってるというだけで問答無用に即買いである。

その名も「あおぞこくん」

色は他に水色・パープルがある


まず軽い。そして柔らかい。

屈んでのレタス・白菜植え付け作業が楽である。

そしてフラットで柔らかい「あおぞこ」これがマルチやパオパオに優しい。

常に全面マルチの上で働くのでこの柔らか靴はありがたい。

そしてこの「おしゃれな」色!

これはおしゃれさよりも「熱くなりにくい淡色」という機能性に+「汚れの目立つ白以外」といおしゃれを後付けしたものかと。

恥ずかしいけど、そこは我慢。

中敷きはゴミなので期待しないで良い。

しっかりかかとに脱ぎやすい突起もあり、泥除けカバーもあり、

長靴も無駄な凹凸がないので切れにくいし泥もつきにくい。

価格は3218円とちょい高め。

肝心の耐久性はまだ不明である。

だが耐久性を凌ぐ作業性の高さが買い。

川上の農家のことだからこの機能性を考えれば使い捨てでも気にしなそう。

川上村オリジナルです。

調べたらネットでも販売中。

ここの合羽とかも膝当てが交換できたり良さそう。

農作業長靴 あおぞこくん – 川上村商工会

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る