5月7日からの出荷を控え、絶対しておかなければならない対策として、
野菜を畑から運び出すバケットのペンキ塗り直しをしました。

野菜を畑から持ち出すバケット。ペンキが剥げています。



このバケットに収穫してレタスや白菜を詰めた箱を積んで畑から道路のトラックまで運び出します。
その時にこのサビだらけのバケットだとペンキの剥がれた破片が白菜などの箱に混入する可能性があります。

剥がれたペンキの破片。異物混入の原因になりがち。



農薬は適切な管理で混入や残留を避けることが出来ますが、
ドタバタした週っか作業中にこんなペンキのカスが何かの拍子に剥がれてダンボールに入り込むのを防ぐことは出来ません。
農薬・無農薬とかそんな研究室レベルの違い以前の仕事の基本の問題です。
そういうわけで、このペンキをグラインダーでゴリゴリ削り落とし、
ペンキを塗り直しました。
せっかくペンキ塗るのだからかっちょいい色とか考えましたが、
いざペンキ代を考えると普通に錆止めカラーになりました。

ペンキ塗り直しました。ヤフオクで騙して売れそう。



ヤフーオークションではキレイそうに見える機械はだいたいペンキ塗り直してますが、
そんな感じに塗れました。
これで安心して出荷に臨めます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る