8月20日の記事あさひや農場の放射能概況 | 有機農場あさひや~どぶろぐ~にて、
あさひや農場の農産物放射能測定結果について検出限界など詳細を報告していませんでした。
大変遅くなりましたがご報告させて頂きます。

当検査はあさひや農場の取引先業者様のご協力で行われました。

検査方法

ゲルマニュウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法

検査日

平成23年8月11日

測定結果


トウモロコシ 測定試料量 207g
単位 結果 検出下限値
放射性ヨウ素 ヨウ素131 Bq/kg 不検出 6
放射性セシウム セシウム134 Bq/kg 不検出 5
セシウム157 Bq/kg 不検出 6
合計 Bq/kg 不検出

キュウリ 測定試料量 347g
単位 結果 検出下限値
放射性ヨウ素 ヨウ素131 Bq/kg 不検出 4
放射性セシウム セシウム134 Bq/kg 不検出 3
セシウム137 Bq/kg 不検出 4
合計 Bq/kg 不検出

測定機関

財団法人 九州環境管理協会

以上のようにかなり検出限界を低くしても検出されないことがわかりました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る