農水省からのお知らせを日本有機農業研究会経由で長野有機農研に頂きました。

堆肥利用自粛を言われた県で堆肥材料を西日本等から輸送する費用の半額を政府が補助する年度内の事業です。  
ご利用ください。

0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o00o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o0o
有機農業推進団体 各位


東日本大震災の復旧・復興対策として、有機農業の現場でも使える
予算措置が追加され14日に公表となりましたので、お知らせいたします。

堆肥資材(落ち葉等)を西日本などから運送する際の運賃や放射性物質の計測に
ついて
半額を国が補助する仕組みが追加となりました。
(この仕組みが使えるのは堆肥の自粛を要請した17県であること、個人への補
助ができないため
5戸以上の団体(任意可)であることなどの条件があります。)

また、
地方公共団体への交付税においても配慮を行うことで、補助率の嵩ましが
できるよう(最大100%補助)になっています。


先ずは、生産者向けの簡単な資料と関連リンクをご案内します。
傘下の団体や生産者あて周知をお願いしたいと思いますが、

この資料のみでは、分かりにくいと思いますので、各団体あての説明も
対応したいと考えております。

(補正予算での対応になりますので、年度内(さかのぼり可)の執行が求められ
るため、
 ご説明等は年内の方がよろしいかと)

ご要望がありましたら、日程の調整を行いますので、是非、おしらせください。


説明資料はこちら(9P目の上から2段目が該当箇所です)



関連リンク
農林水産省/平成23年度 強い農業づくりの支援に係る関係通知について

お問い合わせ先↓
//////////////////////////////////////////

   農林水産省 生産局 農産部 農業環境対策課
     課長補佐     伊藤 博行
   TEL:03-3502-8111 (内)4840
   FAX:03-3502-0869
   E-mail:hiroyuki_itou@nm.maff.go.jp

/////////////////////////////////////////// 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る